1. サイトマップ
>
社内日記R2

社 内 日 記

 今年の社内の活動をお伝えします。

 

新しい仲間が増えました。(R2年3月)

 

 

 

生コン車が今日から仲間入りです。

これから災害の復旧工事等で活躍していただきます。

 

 

 

 

感謝状をいただきました。(R2年2月)

北陸地整感謝状(台風19号)
 
 
2月20日(木)長野市において、国土交通省北陸地方整備局「令和元年台風19号等の災害対応業務に対する感謝状贈呈式、及び功労者表彰式」が行われました。弊社は台風19号で被災した東御市田中地先の千曲川の堤防損壊箇所の応急復旧工事を行った事等により感謝状、及び表彰状を頂戴しました。御案内の通り、台風19号の被災箇所は東日本一円に及び、長野県においては長野市穂保地区の堤防決壊や、千曲川は勿論の事、本流に注ぐ支川が数多くの被害をもたらし、多くの人命と家屋等が被災される残念な結果となりました。これから始まる復興・復旧工事は、技術者・技能者及び資機材等の不足が懸念される中、発注機関と建設業者が一体となり安全な街づくりを成し遂げなければなりません。この感謝状と功労表彰を胸にお受けした工事を社員が力を合わせて施工して参る所存でおります。
 
千曲川災害(台風19号)   千葉災害(台風15号)
>  
 
 
 
関東地整感謝状(台風15号)
 
 

 

 

2月19日(水)国土交通省関東地方整備局において「令和元年台風15号等の災害対応業務に対する感謝状贈呈式」が行われました。弊社に対する表彰は、台風15号で被災した千葉県にブルーシート等の物資を支援すると共に、9月19日からは屋根のブルーシート張り作業に職員を派遣し、被災地の復興・復旧に携わったことにより感謝状を頂戴しました。近年の異常気象による自然災害は頻繁に起きており、国土の保全と
それに備えた強靱化は必要不可欠な時代となっております。この感謝状を受領し、これからも建設業を営む者として、安心・安全の守り手としてより一層社会に貢献する企業となる事を目指して参ります。
 

 

 

 

 

安全大会・新年会を行いました(R2年1月6日)

令和2年の安全大会を行いました。

1年間、無事故で工事が行えるよう安全目標や年間計画の確認をし、ゼロ災害を誓いました。

また、今年は「古橋麻美講師」を招いて「安全行動を行うための脳づくり」という題目で講演をしていただきました。

私たちの日々の行動は「意識行動3%」、「無意識行動97%」という割合で、無意識に行動していることがほとんどなんだそうです。無意識に安全行動がとれるようになることが大切だということを知り、実際に体をうごかしながらトレーニング方法を教えていただきました。分かりやすく楽しい講演で、安全確認時の指導の仕方、指導の受け方など大変勉強になりました。

講演終了後は新年会を行い、新年の抱負などをそれぞれ発表し、明日からの仕事初めに気合が入りました。

 

 
ダルマ目入れ   安全の誓い
 
優良工事表彰(合庁外壁) 龍野本部長   優良工事表彰(白山団地) 畠山部長
 
優良工事表彰(中佐都改良) 重田次長   謝辞
 

講演会(古橋麻美講師による)

 

洞庭春さんにて新年会(新年の抱負を語る)

 

今年もよろしくお願いいたします。